2017年09月12日

2017.9.2 野外上映会inはるひ野

IMG_3521-e9036.JPG
毎年恒例の野外上映会は、今年は新百合ヶ丘を飛び出して、同じ麻生区の“はるひ野”で開催しました。
会場は川崎市立はるひ野小中学校。
晴天に恵まれましたが、前日までの大雨と台風の予報の影響で、安全を最優先し、体育館での上映となりました。
それでも例年を上回る数のお客さまで、屋台オープン時から会場は大盛況。
はるひ野の住民のみなさま、近隣の町や遠方からお越しくださったみなさま、ご来場ありがとうございました!
たくさんのご家族や子どもたちの笑顔に出会えたことを映画祭スタッフ一同、そしてシネマウマも、たいへんうれしく思います。
感謝を込めて、新しい町に映画の灯がともった、初秋の一日のレポートをお届けします。

IMG_3477-fa30a.JPG
野外上映会の当日は、朝から準備が始まります。
こちらは会場のはるひ野小中学校内の地域交流センター。準備を始める前のスタッフミーティングです。
今年は、しんゆり映画祭ボランティアスタッフに加え、はるひ野町内会のみなさんも一緒に上映会を盛り上げていただけることになりました。

IMG_3478-52667.JPG
体育館で大きなスクリーンの設置をしているところです。
力を合わせて丁寧に、慎重な作業です。
床に敷いたブルーシートは客席になります。イスはありません。
思いおもいの座り方でお楽しみいただけます。

703356EF-1A69-4484-9D68-A04AF5AC46D2.jpg
体育館の外では、中庭に受付用のテントを立てたり、屋台会場の準備が行われています。
また会場の外、駅からはるひ野小中学校までの道に、案内板を掲示しています。 
これなら初めて来た人にもわかりやすいですね。

IMG_3480-49662.JPG
開場時間前の入口前。すでにたくさんの人で長い列が。
IMG_3481-f7e03.JPG
今年も映画祭スタッフ手づくりの看板がお出迎えしました。

IMG_3489-f7027.JPG
開場しました!中庭に設けられた屋台スペースは祭りの熱気に包まれました。

389F7FEA-BE63-4D29-BD5D-384E506062B3.jpgIMG_3484-4a6a8.JPG
FCD6E37F-05FD-47B0-B752-BD062BE432CF.jpg
屋台には川崎の味覚が集まりました!
地元の食材を使ったお菓子やお料理に、新鮮なお野菜も大人気。

IMG_3482-e9287.JPG192E1213-1104-46A2-9464-C72A3B93BCA3.jpg
 地域の農産物直売店セレサモスさん企画の、くりひろい体験も楽しそう!

IMG_3485-89b62.JPGIMG_3486-97494.JPG8177914C-9A8B-4A1A-B6EA-6ED5085B8F77.jpg
お祭り定番フードも充実で、映画の前の腹ごしらえもバッチリ!

IMG_3510-c05ff.JPG
こちらは映画祭スタッフの手づくりゲームコーナー。

F3C88D76-3A48-4E40-BB77-7D9E40DFE44F.jpgIMG_3530.JPG
上映作品のイメージや、シネマウマをあしらった輪投げに的当てに、
ちびっこたちが熱くなる!
お絵かきコーナーもありました。  

IMG_3505-4b006.JPG
シネマウマとも一緒に遊べます。

7B1E4B96-46D5-47D1-AA8C-09246BD0A49E.jpg
はるひ野の有志の方々が出していたゲームコーナーには射的やピンボールが。
こちらも楽しそう。 

IMG_3527.JPG
おもちゃもたくさん!

B9250939-94A4-47E6-8278-28F3B7BC90C3.jpgE9C362CC-D474-4851-B1E9-8BCAF41330E5.jpg
会場入口付近や体育館の中でも、お客さまを迎えたり、会場をご案内する映画祭スタッフががんばっていました。
開演時間が迫ります。

IMG_3496-d092a.JPG
さあ、いよいよ開演。ステージイベントが始まりました。しんゆり映画祭代表の中山より開幕のご挨拶。
「今日はるひ野から来た人〜」
「はーい!!」
今日の主役とも言える子どもたちに語りかけるスピーチで、客席のテンションを上げておりました。

IMG_3498-17996.JPG
麻生区長と来賓のご挨拶に続き始まった、プレゼントイベント。この日の整理券の番号は、実は当たりクジだったのです!
劇団「間(ま)」の2人の司会で、豪華プレゼントと当選番号が発表されました。

IMG_3507-068c6.JPG
屋台入口に飾られたこれらが目玉賞品!川崎フロンターレ選手のサイン色紙です。

IMG_3499-30d71.JPGIMG_3501-d3b17.JPG
プレゼンターはもちろんこの方、川崎フロンターレのマスコットキャラクターのふろん太君です。
子どもたちに大人気!

12F1A2D8-77FD-4C94-B55C-6D0093576951.jpgIMG_3502-78cf0.JPG
プレゼントは他にも…
麻生区を拠点とする劇団民藝の公演チケットや、川崎市アートセンターの公演チケット、
セレサモスから100%ジュースなどがありました。

IMG_3503-6a356.JPG
しんゆり映画祭からも、10月29日からはじまる映画祭の招待券プレゼントをご用意いたしました!
「みんな〜、映画観たいよね〜!」

プレゼント当選者のみなさまおめでとうございます!

IMG_3504-8b9db.JPG
盛り上がったプレゼントイベントが終わり、上映が始まりました。
まず、映画祭スタッフ有志で制作したはるひ野プロモーション映像が流れました。はるひ野の町の成り立ちや、地元の子どもたちが町のオススメを紹介するシーンも登場しました。
その後はいよいよ『ひつじのショーンスペシャル いたずらラマがやってきた!』の上映です。テレビでもおなじみの、子どもたちに大人気のイギリスのクレイアニメの映画版。ショーンたちひつじと牧場の仲間と、牧畜の見本市で出くわした暴れん坊のラマたちのドタバタコメディーに、会場は笑いに包まれました。

2本目の『眠れない夜の月』は、日本で生まれた緻密な人形アニメーションのロマンチックな作品です。
森で家族とつつましく暮らす少年が、「リスの姿をした月の番人」と出会い、高い樹にひっかかった月をはずすため、夜の森を冒険する、不思議で心温まる物語です。
にぎやかな時間の後に、静かな雰囲気をもたらしました。

E780F6A7-7381-4B89-B941-EB7C0CBD57C3.jpg
映画の余韻に浸りつつ、帰路につく人々。
無事に野外上映会が終わりました。
お越しくださったみなさま、おつかれさまでした。
そしてありがとうございました。

10月29日(日)〜11月5日(日)に川崎市アートセンターなどで開催される「第23回 KAWASAKIしんゆり映画祭2017」もよろしくお願いします!みなさま、新百合ヶ丘で会いましょう!

(今年の野外上映会は急遽屋内開催となり、入場制限により映画をご鑑賞いただけなかったお客さまも多くいらっしゃいました。また、開演時間も大幅に遅れてしまったり、いろいろとご不便をおかけいたしましたこと、心よりお詫び申し上げます。)





posted by シネマウマ at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月23日

シネマウマも応援!川崎で作った映画『小川町セレナーデ』

こんにちウマ!
春が近づいてきたウマ!
あいかわらず映画とともに元気に過ごしているシネマウマです。

今日は先週末から川崎市アートセンターで公開が始まった『小川町セレナーデ』を紹介するウマ!

image-75360.jpg

この映画は、おもに川崎南部の市民有志により発足した「かわさき街づくりシネマプロジェクト」が協力して作られたんだウマ!
映画の舞台となる川崎区小川町(物語の中では架空の町と設定)をはじめ、市内(おもに南部)の街の中や商店、公共施設などで撮影したり、総勢300人もの市民のエキストラも出演したりと、まさに川崎の映画なんです。
監督は原桂之介さん。本作がなんと劇映画デビュー作!長年、若手や新人監督を応援してきたしんゆり映画祭でも今後のさらなる活躍に注目して、応援していきたいウマ。

おもな出演者は須藤理彩さん、安田顕さん、藤本泉さん、など、映画やテレビ、舞台で活躍する人気の俳優さんたち。

“スナック小夜子”を経営するシングルマザー真奈美(須藤さん)とオカマの“エンジェル”(安田さん)、このふたりの娘で父を知らずに育った小夜子(藤本さん)。
ちょっと不思議な親子3人と個性的な町の人たちが織り成す人情喜劇
が、川崎北部の“映画のまち”新百合ヶ丘にやってきたウマ!

ぜひこの機会に映画館で観てください!
川崎市アートセンター・アルテリオ映像館にて、3月6日まで上映中です!
〜2月27日(金)までは10:00の回
2月28日(土)〜3月6日(金)までは19:55の回
で上映しています。※3月1日(日)2日(月)は休映
詳細はコチラ

そして、先だって22日(日)には、川崎の魅力発信と“映像のまちづくり"に貢献したことにより、原監督と「かわさき街づくりシネマプロジェクト」に市から感謝状が贈られました。
アートセンターで行われた授与式に、シネマウマも参加させていただきました!

SIF_68470003.JPG
福田紀彦市長から感謝状を授与される原桂之介監督

SIF_68520006.JPG
同じく授与される「かわさき街づくりシネマプロジェクト」の安藤肇代表
「川崎で多くの映画を撮影してもらい、ワクワクする街にしたい」と仰っていました。

映画で街を元気にしたい。
その思いはしんゆり映画祭も同じだウマ!
市民が取り組む映画のまちづくりをみなさんも応援してくださいね!

SIF_68840025.JPG

posted by シネマウマ at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月26日

シネマウマグルメレポート☆「ムビリンゴ」にて、タイアップメニューの台湾プレートいただきました!

シネマウマです!
しんゆり映画祭ただいま開催中。たくさん映画を観てくれるとうれしいウマ!
多彩な台湾映画をまとめて楽しめるランナップだウマ。
今年はさらに、人気アジアンカフェとコラボレーションも!
小田急線読売ランド前駅の近くにある「ムビリンゴ」で台湾料理のセットメニュー「台湾プレート」(1080円)
映画祭期間限定で展開中!

image.jpg

さっそくシネマウマも食べに行ってきたウマ!

新百合ヶ丘から各駅停車で2駅目、小田急線読売ランド前駅につくと、ホームからお店が見えました。
向って左に見える緑の看板のお店です。津久井道沿い、交差点と歩道橋のそばにあります。

image-80360.jpg
お店に着いたらさっそく注文、しばらくするとシネマウマの目の前にはおいしそうなお料理が運ばれてきました。

image.jpg

「いっただっきウマーっす!」

image.jpg

食前ジュースはセットにもれなく含まれるメニュー。さっぱりとした果実酢などが日替わりで。この日はざくろ酢でした。
さわやかな甘酸っぱさがカラダにやさしくしみわたる〜。

image.jpg

メインは魯肉飯(ルーローファン)。
台湾屋台のおなじみメニュー。筍、干し椎茸、揚げ玉ねぎ、厚揚げなども加えて台湾の調味料で柔らかく煮込んだ豚バラ肉と煮卵が、ご飯の上にのったどんぶり。
見た目はボリューム感あるけど、やさしい味で、パクパク食べられちゃう。
台湾料理はあっさりした味のものが多いとか。

image.jpg

まろやか豆乳と桜エビのスープは、その名のとおり、ほんとにまろやか。ちょっと疲れてるな、というときに欲しくなる、心もカラダも安らぐ一品。

image.jpg

白菜と干し蝦と春雨のサラダ。他にもニンジンなど野菜がたっぷり。小鉢でも食べ応えがある一品。他のメニューと合わせて栄養満点!
パクチーも入っています。少量なので、独特の香りは控えめですが、苦手な人は、お店の人に頼んでパクチー抜きにすることもできますよ。

image.jpgimage.jpg

ミニデザートは、台湾スイーツの代名詞、愛玉子(オーギョーチー)。レモンのゼリーとシロップでさわやかなな甘酸っぱさが口のなかに広がる。みずみずしい感性の台湾青春映画を思い出すウマ〜。

image.jpg

台湾プレートを完食したシネマウマ。
食後のドリンク(リンゴジュース)は映画祭のチケット半券で1杯無料サービス!
「台湾映画だけじゃなくて、映画祭で上映される全ての映画が対象だし、台湾プレート以外のお店の全メニューで使えるサービスなんだウマ!」
これはうれしいですね。
ムビリンゴさんありがとうございます!

台湾の味でおなかも心もすっかり満たされたシネマウマは、元気にイオンシネマの2日間を乗り切りました。
「28日からのアートセンターも盛り上げていくウマ!」

映画の前の腹ごしらえに、ご鑑賞後のくつろぎに、ぜひみなさんも美味しい時間を過ごしに「ムビリンゴ」に行ってみてくださいね☆
台湾プレートの他にも、料理研究家・料理人のリオ店長が作る、世界の家庭料理や創作料理をお楽しみいただけますよ!

アジアンカフェ&ダイニングバー
「ムビリンゴ」

お店のサイトはこちら→http://www.mviringo.com/
営業時間:ランチ11:30〜15:00(L.O.14:30) /ディナー18:00〜22:00(L.O.21:30) /バータイム22:00〜翌3:00 (木曜日定休)

場所:川崎市多摩区西生田1-9-1

   TEL:044-299-6858

詳しくはこちらをご確認くださいhttp://www.mviringo.com/access/

  • ⼩⽥急線読売ランド南⼝を出てすぐ左にある歩道橋を渡ります。
  • 降りたら逆向きに右手の⿂炉という⻘い看板の店を曲がった隣になります。
  • 南口から徒歩 2 分。北口から徒歩 3 分。




posted by シネマウマ at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月18日

映画と食で、「いまこそ、台湾映画!」しんゆり映画祭と人気のお店がコラボ!台湾料理のセットメニューが映画祭期間限定で登場!

映画と食で台湾コラボ!

しんゆり映画祭×アジアンカフェ&ダイニングバー「ムビリンゴ」タイアップメニューのお知らせ!


映画祭まであと1週間。おかげさまで多くの期待と注目を集めております特集「いまこそ、台湾映画!」にちなみ、小田急線読売ランド駅前の人気店、アジアンカフェ&ダイニングバー「ムビリンゴ」で、映画祭期間中に台湾料理の特別セットメニューが登場します!

taiwanplate.jpg


期間10月25日(土)〜11月3日(月祝)
※木曜日定休


〜気になるセットのお料理はこちら!〜


《台湾プレート(1080円)》


★魯肉飯(ルーローファン)

台湾の屋台で人気の豚肉煮込みぶっかけご飯です。豚バラ肉に筍、干し椎茸、揚げ玉ねぎ、厚揚げなども加えて台湾の調味料で柔らかく煮込んだ味わい深い一品です。煮卵もご一緒に!

★白菜と干し蝦と春雨のサラダ

★まろやか豆乳と桜エビのスープ

★一口デザート 愛玉子(オーギョーチー)



さらに、映画祭特典として、

映画祭の半券ご提示で、1ドリンクサービス(アルコールもOK)!
全上映作品対象です!
ランチタイムもディナータイムもお気軽にご利用ください。

「ムビリンゴ」ってどんなお店?

新百合ヶ丘から小田急線で新宿方面、各駅停車で二つ目「読売ランド」の駅から徒歩3分ほどのところにあるお店です。
アジアンを中心に世界の家庭料理と美味しいお酒が楽しめ、
店内では料理教室やミニライブなどのイベントもおこなうなど、地域の人に親しまれるお店です。


お店のサイトはこちら→http://www.mviringo.com/
営業時間:ランチ11:30〜15:00(L.O.14:30) /ディナー18:00〜22:00(L.O.21:30) /バータイム22:00〜翌3:00 (木曜日定休)

場所:川崎市多摩区西生田1-9-1

   TEL:044-299-6858

詳しくはこちらをご確認ください http://www.mviringo.com/access/

  • ⼩⽥急線読売ランド南⼝を出てすぐ左にある歩道橋を渡ります。
  • 降りたら逆向きに右手の⿂炉という⻘い看板の店を曲がった隣になります。
  • 南口から徒歩 2 分。北口から徒歩 3 分。

映画の合間のお食事に、ちょっと足をのばしてみませんか?

しんゆり映画祭、台湾映画特集「注目の女優・男優が大集合 いまこそ、台湾映画!」もよろしくウマ!
posted by シネマウマ at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「今こそ、台湾映画!」シネマウマ、台湾フェスタと台湾料理店で台湾ワールド体験!

こんにちは、シネマウマです!いよいよ本番が迫ってきました!

さて
1-DSC_5029.JPG

今年の目玉の一つが「今こそ、台湾映画!」特集。名匠の傑作から最新作まで、秀作5本を上映します。美しい風景とともにどこか懐かしさも感じる台湾映画の世界に、ひたっていただきたい…

そこで!

「シネマウマも台湾文化に触れたい!そして在住の台湾の皆さん、台湾好きの皆さんにもこの特集を知っていただきたい!」との想いで、台湾系の外国人学校・東京中華学校で10月5日に開催された「台湾フェスタ」におじゃましました!

10月10日は中華民国(台湾)の建国記念日「双十国慶節」。式典のほか、東京中華学校の生徒さん、留学生の皆さんによる催し物があり、おいしい屋台もズラリとのこと。

「おいしい屋台ー!!! 行きたいウマ!」と息巻いていたシネマウマ隊。
ところが当日は、台風18号が接近中。一抹の不安が…うう……台風め……(恨)

「雨天決行」とは聞いていたものの、不安を覚えながら四ッ谷駅を降りて学校に着くと…
1-1-DSC_1981.JPG

にぎやかな声といい匂い!強い雨風にも関わらず、たくさんの人がきていました〜
雨風に負けず、屋台もズラリ!

会場では1シート1000円の食券を売っています(屋台は現金でも購入OK)。これに抽選券がついていて、応募すると、豪華商品が当たる「大抽選会」に参加できるのです。シネマウマも挑戦したよ♪

体育館内は歌謡ショーのような雰囲気。「注目の女優男優が大集合」を地でいくようなイケメン歌手さんや、華やかな衣装のダンサーさんたち、プロの二胡奏者の方による演奏などのイベントが行われていて、観ているだけで台湾ワールドに引き込まれます!
1-DSC_1992-002.JPG
1-DSC_1838.JPG

今回、主催団体の許可をいただき、映画祭のチラシをご来場の皆さんに配らせていただきました。会場の片隅で…のつもりが、一番人の集まるところを教えていただいたり、食券売り場にチラシを置いていただいたりとご配慮くださり感激でした☆ そして「台湾特集だって!」と積極的にチラシをもらいに来てくれた若い子が何人もいたのが嬉しかったです。

1-DSC_5072.JPG



会場の一角では、台湾の新作映画が紹介されていました。
映画は 『天空からの招待状』。 台湾で大ヒットした「人生観が変わる、感涙の空撮ドキュメンタリー」とのこと。制作総指揮は台湾の名匠ホウ・シャオシェン。映画祭特集で上映する『恋恋風塵』の監督です。

この映画の日本語字幕翻訳を、東京中華学校の卒業生の方が担当しているそうです。配給のアクセスエー・大高さんにお話を伺い、チラシを交換させていただきました。
1-DSC_1983.JPG
1-DSC_1984-001.JPG
大高さん、ありがとうございました!
日本では12月20日より シネマート新宿・六本木・心斎橋 他、全国順次公開されるとのこと。みんなで観に行こウマ!



さて、お待ちかねの屋台。雨風強まったので写真が少ないですが…
1-DSC_2000-001.JPG
胃に優しい味わいのスープとビーフンの上に、パンチの濃い味の肉、野菜がたっぷり。冷えた身体が温まる〜

1-DSC_2003.JPG
「水煎包(シュイジエンパオ)」肉汁ジュワ〜が冷えた身体にしみわたる〜美味いウマ〜〜

さて、いよいよ「大抽選会」。台湾−日本往復航空券や電化製品など、豪華商品が当たります!
1-DSC_2009-001.JPG
「存根券」を手にドキドキ〜

司会者の方が番号を呼ぶたびに、「当たった〜!」と笑顔で壇上にかけあがるお客さん。年配の方の「寄付します」のお言葉には、子どもたちが大歓声。くじを引く係の方が当たったり、二回当たったラッキーな人も!そのたびに笑いがおきて、大盛り上がりでした。
(シネマウマは『東急ハンズ2000円券」が当たったよ!やった〜☆)

色彩豊かなショー、かけずり廻る子どもたち、飛び交う台湾の言葉、国旗、屋台ご飯を楽しむ家族、二胡のメロディー…

まるで、台湾映画の世界に紛れ込んだかのようでした。
1-DSC_2012-001.JPG

誰でも入場できるので、台湾文化に触れるチャンス。皆さんもぜひ来年、訪れてみてくださいね。
主催の中華民国留日東京華僑総会のみなさま、会場の東京中華学校のみなさま、そして映画祭「台湾特集」に興味を持ってくださったご来場のみなさま、本当にありがとうございました!

豪華な「台湾おみやげ」まで…!(先着800名)
1-DSC_2057.JPG
家に帰っても台湾スイーツに囲まれて、えもいわれぬ幸せ…



さて、新宿に戻ったシネマウマ隊。数軒の映画館をあいさつ回りし、すでにヘトヘト…

1-DSC_2015-001.JPG
休憩の喫茶店もタピオカミルクティー(台湾の飲み物)

しかーし。新宿は台湾料理店の多い場所。シネマウマ隊の一人が一言…
「台湾料理のお店を廻ろう!」

やる気に火のついたシネマウマ隊、雨風強まる中、歌舞伎町に突入〜☆
チラシを置いていただいたお店2軒をご紹介します!

「台湾料理 青葉」
台湾料理の老舗!店構えが重厚な雰囲気です。
1-DSC_2022-001.JPG
1-DSC_2021-001.JPG
入り口の入ってすぐのいいところに、チラシを置いていただけることになりました!
1-DSC_2017-001.JPG
「台湾料理 青葉」
東京都新宿区歌舞伎町1-12-6歌舞伎町ビルB1(新宿・歌舞伎町元コマ劇場裏)
営業時間:
午前11時30分〜午前2時(月〜金)
午前11時30分〜午前2時(土)
午前11時30分〜午後11時(日・祝日)
電話:03(3200)5585

青葉さん、ありがとうございました!

入るなり「おおー、映画祭。『KANO』はやるの?」と聞いてきた店長・林さん。
林さんと店員さんの温かい笑顔に悩殺され、シネマウマ隊はここで夕飯にすることに!
1-DSC_2024-002.JPG
台湾ビール

1-DSC_2031-001.JPG
上の「台湾しじみの醤油漬け」は、にんにくとショウガの風味にぴりりと辛さが加わり、お酒に合う!

1-DSC_2032.JPG
麺も優しい「おつかれさま」な味!

1-DSC_1872.JPG
シネマウマ隊と。王監督なども訪れているそうです

1-DSC_1876.JPG
林さん、ごちそうさまでした&チラシ設置のご快諾、ありがとうございました!
しんゆりの皆さま、ぜひぜひ、新宿を訪れた際は行ってみてくださいね!
「台湾創作料理 台湾美食」
住所:東京都新宿区歌舞伎町1-17-7
営業時間:ディナー17:00〜26:00
電話:03(3202)0809

というわけで、文字通り嵐の「シネマウマ台湾体験デー」終了。
台風にもかかわらず元気な皆さんと美味しい台湾料理に、パワーをいただいた一日でした!

映画祭が、異文化への興味の扉が開くきっかけになればうれしいです。「いまこそ、台湾映画!」で、ぜひ、台湾を身近に感じてくださいね!
1-DSC_5051.JPG
posted by シネマウマ at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月03日

シネマウマ、神楽坂映画祭へ! 〜澤登翠さんの活弁上映会を観にゆく〜

秋晴れの空の下、名画座主義で行くシネマウマです。


映画祭シーズン到来だウマ! しんゆり映画祭もチラシの配布にWebにと、PR活動が本格的に動き出しました!

しんゆり映画祭にもぜひみんなで来てほしいウマ!でも、秋は各地でいろんな楽しい映画のお祭りをやっていて…ホントは全部行きたいウマ!


というわけでさっそく…


9月28日(日)、シネマウマが向かったのは飯田橋ギンレイホール。東京の名所神楽坂の入口にあり、どこかなつかしい雰囲気のある名画座として、多くの映画ファンや町の人たちに愛されている映画館です。

今年は開館してから40周年。それを記念した「神楽坂映画祭」が現在開催中なのです!


この日は、しんゆり映画祭でもおなじみの活動弁士 澤登 翠さんによる活弁上映会がありました。シネマウマも応援にかけつけたウマ!

DSC_4979.jpg


活弁で甦る無声映画の傑作を楽しみに訪れたお客さまが、この日もたくさん。ここでも注目度の高さを実感しました。


入場待ちの時間、映画館の方のご承諾を得て、「しんゆり映画祭」のチラシを配らせていただきました。

DSC_4984.jpg


新百合ヶ丘は都心からはちょっと離れていますが、チラシを受け取りじっくりと読んでいる方も多かったウマ!

映画好きなら、どんなに遠くの映画祭でも、そのラインナップは気になるところです。

「みなさ〜ん、新百合ヶ丘は新宿駅から小田急線快速急行で25分くらい。意外とそんなに遠くないウマ!」


DSC_4997.jpg

シネマウマもチケットを持って、入場待ちの列に。しんゆり映画祭よりも一足お先に活弁を楽しんできますウマ!


上映作品はF.W.ムルナウ監督の1927年の作品『サンライズ』でした。

農家の夫婦が遭遇する試練の数々…。

幸せな時はやさしく温かく、災いふれば緊張感と悲しみをたたえて…活弁の声のトーンを使い分け、ハラハラドキドキ感を盛り上げます。


昔ながらの映画館での活弁上映は、味わい深く、16mmフィルム映写機の回る音と、満席の館内の熱気も相まって、映画が娯楽の花形だった時代にタイムスリップしたかのようでした。


上映終了後、シネマウマも澤登さんにごあいさつ。

しんゆり映画祭での活弁上映会(11月2日14:10 川崎市アートセンター・アルテリオ小劇場)も、楽しみにしています。よろしくお願いします!」


DSC_5012.jpg

ギンレイホールの加藤社長(写真左)、澤登 翠さん(写真中央右)、神楽坂映画祭実行委員長の掛尾さん(写真右)と


ギンレイホールのスタッフのみなさま、神楽坂映画祭のスタッフのみなさま、そして澤登さん、本当にありがとうございました!


神楽坂映画祭は「名画座主義で行こう」をテーマに、10月10日(金)まで飯田橋ギンレイホールにて開催中です!

1970年代の名作を中心に構成された珠玉のラインナップは、あの頃をリアルタイムで過ごした世代だけでなく、若い世代の方も新鮮な気持ちで楽しめることでしょう!

女優の加賀まりこさんなど豪華なゲストのトークもありますよ!

詳細は公式ホームページでチェックだウマ!

http://www.ginreihall.com/schedule/schedule_140927.html


☆しんゆり映画祭代表白鳥あかねがスクリプターを務めた根岸吉太郎監督作品『遠雷』や、数々の作品にたずさわった神代辰巳監督や藤田敏八監督の作品も上映!これは目が離せませんね!


しんゆり映画祭も名画座やりますよ!


活弁で甦る名画  弁士 澤登翠

7回目の開催となる今年の作品は時代劇『沓掛時次郎(くつかけときじろう)』(1929年/辻 吉郎監督)。大河内傳次郎主演、股旅ものの傑作!

澤登 翠さんの活弁に、生伴奏が付きます。

演奏は湯浅ジョウイチさんです!

11月2日(日)14:10川崎市アートセンター・アルテリオ小劇場で16ミリフィルムでの上映です。

上映終了後も澤登さんのトークショーがあります。映画ファンにはたまらない、弁士ならではの、ほかではめったに聞けない映画にまつわるとっておきエピソードがたっぷり聞けます!



しんゆり名画座

あの時代劇ミュージカルが、シネコンの大画面で甦る!

映画祭初日の10月25日(土)12:30イオンシネマ新百合ヶ丘にて

『鴛鴦歌合戦(おしどりうたがっせん)』(1939年/マキノ正博広監督)上映します!

大画面で観れば、あなたも片岡千恵蔵や志村喬と、歌い踊りたくなる⁈


スクリプター・白鳥あかねの映画人生50年+SPECIAL

今年日本アカデミー賞を受賞し、著書「スクリプターはストリッパーではありません」が出版された、当映画祭代表の白鳥あかねがスクリプターを務めた作品の上映と、その作品ゆかりの映画人とのトークで構成される、毎年恒例のシリーズ企画! 今年はスペシャル版で開催、一挙3作品を上映します!

映画祭の最終日11月3日(祝)14:10『野良猫ロック 暴走集団’71』(1971年/監督:藤田敏八)の上映ではスペシャルゲストに俳優の藤 竜也さんがご来場!

そのほか、


10月30日(木)14:30、31日(金)14:20『濡れた週末』(1979年/監督:根岸吉太郎)R−18

10月31日(金)18:30、11月2日(日)19:10『濡れた欲情 特出し21人』(1974年/監督:神代辰巳)R−18


白鳥あかねといえば日活ロマンポルノ。

10月31日(金)は春に出版された著者「スクリプターはストリッパーではありません」の企画・編集の高崎俊夫さんとのトークもあります。


10月30日(木)10:00も『野良猫ロック 暴走集団’71』があります。朝はアクションで目を覚ませ!

みなさんも、秋は映画祭や名画座に足を運んで、いつもとちょっとちがった映画の楽しみ方を見つけてみませんか?


しんゆり映画祭公式サイト

http://www.siff.jp

上映作品情報

http://www.siff.jp/siff2014/lineup2014.html

スケジュール

http://www.siff.jp/siff2014/schedule.html

チケット情報

http://www.siff.jp/siff2014/ticket.html










posted by シネマウマ at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年07月21日

7.19 野外上映会ボランティアスタッフ説明会

今年のなつやすみ野外上映会の詳細が先日発表されましたね!
これから、あちらこちらにチラシも配布されますので、ぜひぜひご注目&ご期待いただきたいと思います。

さて、野外上映会を約1か月後に控えた7月19日、川崎市アートセンター3Fにて、野外上映会ボランティアスタッフのための説明会を開催しました。
野外上映会のことやボランティアスタッフの活動に興味を持ってくれた方なら誰でも参加可能。説明を聞いてから参加するかどうかを決めていただき、希望される方にはご登録いただくという形の説明会でした。

しんゆり映画祭としては通常、夏の野外も秋の本祭も含めた、年間を通じて活動するボランティアスタッフの募集をおこなってきましたが、今年は初めて、野外上映会のみのスタッフ募集を試みることになりました。
雨が降ったり止んだりのぐずついたお天気でしたが、足をお運びいただいたみなさま、ありがとうございました!

DSC_4675_1097-.JPG

映画祭のベテランスタッフより、しんゆり映画祭についての概要やさまざまな取り組みについて、配布資料を用いて説明をしたあと、写真のスライドショーを使い、過去の野外上映会当日の様子を見ていただきながらボランティアスタッフの仕事について説明がありました。

また、現役スタッフの体験談もあり、ユーモアたっぷりの語り口で、説明会参加者のみなさんを和ませていました。

DSC_4665_1090-.JPGDSC_4745_1150-.JPG

少しでも多くの方にボランティアスタッフとして再会できることを期待したいと思います。

posted by シネマウマ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年07月02日

なつやすみ野外上映会ボランティアスタッフ 参加者募集!

毎年恒例!しんゆりの夏の風物詩、
「なつやすみ野外上映会」わたしたちと一緒に作りませんか

採用_MG_3603.jpg
シート.jpg

昨年の「なつやすみ野外上映会」の様子はこちら


8月23日(土)に麻生小学校の校庭で開催する屋外での映画上映会の
運営を一緒に手伝ってくれるボランティアスタッフを募集します。


内  容: 「上映会の会場準備」「当日の運営・警備」「チラシ封入作業」
「街頭でのチラシ配り」「物品搬入・搬出作業」

対  象: 18歳以上(高校生は不可)。

募集人数: 特に制限なし。

活動場所: 新百合21ビル、川崎市アートセンター、麻生小学校ほか

活動期間: 7月下旬〜8月下旬の土日中心。

申込方法: 説明会後、希望者に申込書類を配布。

決定方法: 必要書類提出の上、決定。後日、書類選考の場合あり。

説 明 会: 参加必須。7月19日(土)10時30分から、または13時30分からのいずれかに参加。(約90分)

場  所: 川崎市アートセンター(小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分)

申込・問合せ: NPO法人KAWASAKIアーツ・映画祭事務局
電  話: 044-953-7652
F A X: 044-953-7685

チラシ←こちらでご覧になれます。
採用DSC_3302.jpg


主催:川崎市麻生区、NPO法人KAWASAKIアーツ
共催:川崎市、川崎市アートセンター、
  川崎市教育委員会、日本映画大学
協力:川崎市立麻生小学校、(株)北島工務店
posted by シネマウマ at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月23日

シネマウマ、16年前の映画祭ゲスト・蔡明亮監督に会いに行く

こんにちは!シネマウマです

台湾の巨匠・蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督と、21年前の監督のデビュー作
『青春神話』から主演し続けている俳優・李康生(リー・カンション)さんが、
8月下旬公開の新作映画『郊遊』(邦題『ピクニック』)のプロモーションで来日。
監督と主演俳優みずから前売券を販売するというイベントに、ミニシネマウマ隊が
行ってきたウマ!

お二人には1998年「第4回しんゆり映画祭」で『青春神話』(1992)と当時の最新作
『河』(1997)を上映
した際、トークゲストとしてご来場いただきました。

場所は渋谷イメージ・フォーラムの前。映画の中で、李さん演じる主人公がやって
いるような「レインコートで人間立て看板」の姿で、道行く方々に『郊遊』をPR!
アットホームな雰囲気の中、ファンのサインに応じたり、質問に答えたりと、
ニコニコ気さくなお二人を囲む交流の輪が広がっていたウマ。

1-DSC_0525.JPG

10450005_669559499766272_7975271694935350720_o.jpg
左:李康生さん、右:蔡明亮監督

お二人を映画祭に迎えた16年前は、シネマウマが生まれた年でもありました。
新百合ヶ丘の駅前に、当時の美術班の不眠苦闘の産物「巨大シマウマ」
(2mと3mの2体)が登場し、映画祭のマスコットキャラクターとして華々しく
街にデビューを飾ったのです!

当時、台湾ニューウェーブの旗手だった監督は、今やヴェネチア、カンヌ、ベルリン等、
数々の国際映画賞を受賞する台湾の巨匠に。李さんもこの新作で、台湾版アカデミー賞
「金馬奨」の最優秀主演男優賞を受賞。

この間、きっと数え切れないほど多くの世界中の映画祭に招かれてきたことでしょう。
16年も前のしんゆり映画祭のことを覚えているだろうか……

1-第4回1.jpg
1998.10.11撮影。右は『河』に出演の女優・陳湘h(チェン・シアンチー)さん

「ああ、覚えていますよ!この写真!」と顔を輝かせる監督。第5回映画祭パンフレット
に載った、この「巨大シマウマ前の記念撮影」を見たときでした!
李さんも写真をのぞき込んで思い出している様子。

「今年、映画祭は20周年なんです」とお伝えしたら、監督から「それはすばらしい!」
とのお褒めのお言葉をいただきました。

1-第4回3.jpg

シネマウマ、マスコットキャラクター冥利に尽きる……
活動続けてきた甲斐がありましたウマ〜(感涙)

1-DSC_0519.JPG

監督は本作で劇場長編映画からの引退を宣言しているそうですが、
そんなこと仰らず(涙)…また何かの形で来ていただきたいですね。
シネマウマもがんばって、キャラクターを務め続けるウマ〜!

第4回時のゲストトークは「ゲストトーク集」から読めます→こちら

1-Scan3.jpg

第4回映画祭にて『青春神話』『河』上映の際、会場に設置された映画祭美術班手作りの映画看板

『郊遊(ピクニック)』公式サイト→こちら
『郊遊(ピクニック)』Facebook→こちら

1-第4回2.jpg

20年の間に多くの出会いがあったことを、改めて実感したウマ。
8月下旬公開、監督の新作を楽しみに待つウマ!

posted by シネマウマ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月04日

6.1「喜多見と狛江の小さな映画祭+α」に行ってきたウマ

6月1日、土曜日…

1-DSC_0769.JPG

シネマウマ隊が小田急線喜多見駅に降り立ったウマ!

1-DSC_0767.JPG
新百合ヶ丘から16分。近い!

1-DSC_0777.JPG
暑いけどがんばるウマ!

さあ、今日はどこへ行くの…?

1-DSC_0782.JPG

閑静な住宅街を歩いて5分、やってきたのは「喜多見と狛江の小さな映画祭+α」

主にドキュメンタリー映画中心の映画祭で、今年で2回目。
トークショーや特別企画を交えた「+α」が特徴だそうです。

同じ小田急沿線つながりで、KAWASAKIしんゆり映画祭も後援させて
いただいています!

1-DSC_0791.JPG
着いた♪

1-DSC_0796.JPG

シネマウマ隊が観たのは『ゆきゆきて、神軍』(原一男監督、1987)。

ニューギニア戦の生き残り兵・奥崎謙三氏が、終戦直後に起きた戦友銃殺事件の
真相を追うドキュメンタリー。いつ観ても強烈、衝撃だウマ、、、

同作で助監督を務めた映画プロデューサー・安岡卓治さんは、KAWASAKI
しんゆり-映画祭の運営に初期から関わってきた方。
久々に会いに来たんだウマ〜♪

終映後、熱気そのままに安岡さんのゲストトーク。こっそり準備して、トーク中に
後ろから手を振るサプライズを考えてたけど、バレバレだったウマ(笑)

しかし、実行委員長の高山正樹さんに招かれ、しんゆり映画祭の宣伝タイムを
いただいてしまったウマ☆

1-DSC_0803.JPG

1-DSC_0800.JPG

高山さん、聞いて下さったお客さま、ありがとうございました☆

1-DSC_0797.JPG
左からシネマウマ、安岡さん、シネマウマ、高山さん

次の『非行少年』(1964)のトークゲスト・佐藤忠男さん(映画評論家・
日本映画大学学長)もしんゆり映画祭でおなじみ。

打ち上げでは佐藤さん、安岡さんを囲んでお客さんとのトークに花が咲いたウマ。

1-DSC_0837.JPG
しんゆり映画祭ボランティアスタッフOB・Fさん(左)も久々の再会だウマ〜

1-DSC_0842.JPG
シネマウマ、急に俊敏な動きに…!(笑)

映画祭の醍醐味は、やっぱりこうした交流の場ですね♪ 
しかも同じ沿線同士、地元の歴史話も飛び出したり...

「日本で2番目に小さい市」しかし大きく熱い交流の輪で、狛江の夜は
更けていったのでした。

映画祭は9日まで開催中。骨太なドキュメンタリーやイベントがたくさん、
みんなで観に行こウマー♪

【喜多見と狛江の小さな映画祭+α 公式HP】
http://kitamitokomae-artfes.com/

1-DSC_0820-001.JPG
注文が難しいウマ

1-DSC_0823-001.JPG
反省会でまた乾杯♪

シネマウマ動画も併せてご覧下さい!



地域のつながりを大事に、これからもあちこち出没していきたいウマ!


【KAWASAKIしんゆり映画祭 公式HP】
http://www.siff.jp/

【KAWASAKIしんゆり映画祭 Facebook】
https://www.facebook.com/kawasakiShin...

【KAWASAKIしんゆり映画祭 Twitter】
https://twitter.com/k_siff

【KAWASAKI しんゆり映画祭活動日誌(ブログ)】
http://siff.sblo.jp/
posted by シネマウマ at 22:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月03日

5.24 シネマウマのAir Greenな一日

早くも初夏の陽気になってきたウマ!ときに汗ばむくらいの日もあるけど、やっぱりよく晴れた日は外に飛び出したくなるウマ!
ということでシネマウマが外に出てあちこち訪ねる企画です。
今回は地元新百合ヶ丘で行われた“Air Green”というイベントに遊びに行きました。
DSC_4608_1038-.jpg

5月24日の土曜日、会場は新百合ヶ丘駅から徒歩5分ほど、昭和音楽大学の隣にある、芝生の公園“新ゆりアートパークス”というところ。このイベントは地域のみんなが緑の芝生の上で自由にのんびり楽しく過ごせるようにと昨年から始まりました。ピクニックはもちろん、ヨガやベビーマッサージ、手作り雑貨のワークショップといった、お楽しみ企画も充実。

朝早く起きてシネマウマたちは公園へ。イベントが始まる少し前から、芝生の草取りに参加しました。
ここの芝生は毎週土曜日、地域のボランティアの方々がこまめに雑草を取り、しっかりお手入れしているのです。だから裸足で遊べるくらいにきれいなんだウマ。
イベント当日のこの日も作業が行われるとのことで、シネマウマもお手伝いさせてもらいました。

芝生ボランティアのメンバーの方に草を取るコツを教わりながら、草取りをするシネマウマ。
DSC_4492_922-.jpg
ドライバを土に深めにさして、てこの原理で持ち上げながら雑草を根から掘り起こします。
DSC_4481_911-.jpg
DSC_4488_918-.jpg

一見なにもないきれいな芝生ですが、よく見ると小さな雑草が生えていて、これらを早いうちに取り除いていくことが、きれいな芝生を守るための秘訣なんだそうだウマ。

新百合ケ丘駅南町内会の根占さんが芝生のこと、公園のこといろいろ教えてくれたウマ!
DSC_4517_947-.jpg

本当は毎日やっても良いくらいの、まめなお手入れが美しい芝生を守る秘訣だウマ。
ということで…
草取りのボランティアは随時募集しています。活動は毎週土曜日。気になった方は写真の連絡先にお問い合わせしてみてウマ。
(↓写真をクリックすると大きく見られるウマ!)
DSC_4600_1030-.jpg
根占さん、ボランティアのみなさん、ありがとうござウマした!

草むしりの後は、芝生の上でひと休み。大の字で気持ちよく寝転ぶシネマウマ!
DSC_4536_966-.jpg
その後も、バランスボールで遊んだり、
DSC_4543_973-.jpg
DSC_4583_1013-.jpg

訪れた親子連れの方と写真撮影したり…。
DSC_4530_960-.jpg

しばらくすると誰かがたくさんの木のブロックを並べ始める光景が目に入りました。
「これから、”Kubb(クッブ)”というスウェーデンのスポーツを始めますので参加してみませんか」
そんな呼びかけに、好奇心旺盛なシネマウマは反応。しゃきっと起き上がって、みなさんと一緒に参加することになりました。
DSC_4612_1042-.jpg
ゲームのルール、遊び方をご指導いただき、さっそくスタート。
DSC_4609_1039-.jpg
”Kubb”で使う道具は全て木製。このときに使用していたものは間伐材を利用して作られたものだそうです。
DSC_4626_1056-.jpg
プレーヤーは木の棒を投げて的に当てるだけなので、大人も子どもも誰でも楽しめるウマ!
2チームで対戦し、先に相手チームの陣地にある的を全て倒した方が、真ん中のキングとよばれる、大きい的を倒す権利を得て、それを倒したチームが勝ち、大まかに説明するとこのような内容のゲームですが、詳しい説明はこちらのサイトをご参考に…
http://www.town.sumita.iwate.jp/sangyo/kubb/rule.html
やり出すとなかなか奥深い。相手の陣の的を倒し切るまでにいろいろな攻防があって…このゲーム、かなり燃えるウマ!
DSC_4628_1058-.jpg
ゲームを続けるうちに投げるのにも慣れてきて、的にも当たってくるようになったウマ。
DSC_4630_1060-.jpg
ゲームも大詰め。勝利へのラストの一投を任されることになったシネマウマ。えいっ!
DSC_4632_1062-.jpg
勝ったウマ!わーい!
DSC_4634_1064-.jpg
負けたウマ…。でもみんな健闘したウマ!

青空の元、緑の芝生の上で地域のみなさんとのびのびのんびり過ごしたシネマウマ。
DSC_4534_964-.jpg
しんゆりにはこんなにすてきな場所があって、楽しい仲間がいるウマ!
これからの映画祭の活動に向けて大きなはずみになったウマ!

今回訪ねた“Air Green” の公式サイトはこちら
芝生の公園新ゆりアートパークスはこのようなイベントの時のみ開放されるので、公園に行ってみたい人は要チェックだウマ!
イベント当日の様子をもっと詳しく知りたい人はイベントの主催者の方が綴ったこちらのブログもぜひ読んでみてウマ!
http://hifu-mi.com/blog/1164/
http://hifu-mi.com/blog/1172/
次回の開催は6月22日の日曜日だそうです!ぜひ行ってみてウマ。

しんゆり映画祭では夏の訪れとともに活動がどんどん活発になります。6月からスタートする“ジュニア映画制作ワークショップ”を皮切りに、8月の“なつやすみ野外上映会”、秋の本祭と、続いていきます。映画祭スタッフもシネマウマも地域のみなさんとともに街を盛り上げていけるよう今年もがんばっていきウマっす!
最新情報やシネマウマの活動をこれからもチェックしてウマ!
http://www.siff.jp/


posted by シネマウマ at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月14日

高崎映画祭に行ってきましまウマ☆

こんばんは、シネマウマです。

高崎映画祭にのりこむぜよ!
と鼻息荒く 彡^・∋/ 高崎まで小旅行してきたウマ!

1-鬮伜エ弱す繝阪・繧ヲ繝・DSC_4482.JPG
やはり現実的には馬より電車が早いウマ。

鬮伜エ弱す繝阪・繧ヲ繝・DSC_4491.JPG
車内では大人しく乗車して、車窓の桜が満開だったウマ。
ぐんまちゃんに会えるかそわそわ…

鬮伜エ弱す繝阪・繧ヲ繝・DSC_4509.JPG
高崎でシネマウマ2号と合流!
駅前に映画祭の看板がどどんとあったウマ。


鬮伜エ弱す繝阪・繧ヲ繝・DSC_4512.JPG
会場で「きっと、うまくいく」チケットを購入。

高崎映画祭スタッフさんにも挨拶していたら
彡^・∋/[桜祭りで高崎映画祭宣伝]\∈・^ミ
をすることになったぜよウマ!!(゜ロ゜ノ)ノ

安定のチラシ配りからの
マイクで高崎映画祭さんの宣伝!
もちろんしんゆり映画祭の宣伝もね(*^^*)

1-10170680_393541537455745_7704230488141895416_n.jpg
高崎映画祭さんのカンバッチをもらったウマ!

なかなか映画を観る前からヒートアップウマ!
そのままハイテンションインド映画を観賞したウマ!
楽しかったウマ!

All is well.
な一日だったウマ!

映画の後は「シネマテークたかさき」に寄り道。
鬮伜エ弱す繝阪・繧ヲ繝・DSC_4523.JPG

シネマテーク.jpg
支配人の小林さんとパシャリ!
風邪お大事に(>.<)して下さいウマ!

鬮伜エ弱す繝阪・繧ヲ繝・DSC_4533.JPG
上映ラインナップが激熱で、チラシを熟読してしまったウマ!

All is well.
な高崎映画祭だったウマ!
高崎映画祭スタッフさんお疲れ様でしたウマ!

鬮伜エ弱す繝阪・繧ヲ繝・DSC_4521.JPG
posted by シネマウマ at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年03月02日

当映画祭代表 白鳥あかねが日本アカデミー賞を受賞!

こんばんわ、シネマウマです!当映画祭の白鳥あかね代表が、第37回日本アカデミー賞の「協会特別賞」を受賞することになりました!

●主な受賞者一覧はこちら

同賞は、映画製作の現場を支える種々の職能に従事する人たちの栄誉を讃える賞とのことです。受賞理由の一つに映画祭の功績も取り上げられています。本祭での面白エピソード満載のゲストトーク司会、開始23時だろうと一緒に楽しんでくださる打ち上げ、そこで聴く映画製作現場のお話…。白鳥さん、受賞おめでとうございます!映画祭メンバー一同、喜んでおります!

そして、白鳥代表ご本人よりコメントも届いております!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

映画はつくる人、みる人、みせる人
この三つが揃って、はじめて命が輝くもの―
1955年新藤兼人監督の門扉をくぐり
今日まで“映画”に関わり続けて生きて
来られたことは本当に倖せだったと感じています。
支えて下さった多くの皆さんに心から感謝致します。

2014.3.1

白鳥あかね

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★こちらのコメントの直筆はこちら
映画祭公式サイトのトップページのバナーからもリンクできます)

なお、授賞式は2014年3月7日(金)に行われます。
posted by シネマウマ at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月14日

シネマウマお正月編の動画ができたウマー☆

今年はKAWASAKIしんゆり映画祭20周年!
ということで、シネマウマもお正月に振袖姿に変身してみたウマ!

赤い着物に白黒のシマシマが、
我ながらなかなかお似合いだと思ったウマ〜。

せっかく振袖を着たので、
新百合ヶ丘の街におでかけムービーをつくったウマ!
ロマンスカーを背景に撮影したり、神社に初詣をしたり、
お友達のウマメラマンも登場するウマ(笑)




神社では秋のしんゆり映画祭の成功祈願と
しんゆりのまちの発展祈願をしてきたウマ(人´∀`)

今年はみんなに出会えるようにたくさん街にでかけるウマ!
見つけたら、かわいがってほしいウマ!!

posted by シネマウマ at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月05日

2月3日節分、シネマウマ、琴平神社の豆まきに現る!

みなさん こんにちはウマ!

しんゆり映画祭、ゆるキャラのシネマウマです。
今年のシネマウマは どこまででも行っちゃいます!?

2月3日は節分!
これはまたまた 映画祭を代表して
邪気を払い、一年の無病息災を願い
福豆も是非ともキャッチしたい!

そんなわけで
川崎市麻生区の琴平神社「節分祭」へ
袴姿?で行ってきたウマ。

1-DSC01002.jpg

琴平神社の方も、来られていた皆さまも、温かくて感激ウマ〜。
たくさんの方が 「写真撮っていいですか?一緒に撮っていいですか?」と
声をかけてきてくださいました。


そして、年男、年女さん達による豆まきにも 
皆さんと一緒に参加させてもらい…

1-DSC00976.JPG

1-DSC00991.JPG

1-DSC00981.JPG


なんと!見事に福豆をキャッチしちゃいました。
やったウマ〜!

1-DSC00993.JPG

これで 20周年の映画祭、皆さまを元気にお迎えできること間違いなし!

1-DSC_0026.JPG
ホッとひと安心したら お腹もへって、
出店で出来たての今川焼きを食べて
シネマウマは大満足!

最後は 写真撮影のお手伝もさせてもらったウマ。
皆さん、楽しんでいただけたウマ?

1-DSC_0018.JPG

これからも あちこちに突如出現するので
見かけた時はよろしくウマ〜!
posted by シネマウマ at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年10月04日

あと1日!映画祭、いよいよ開幕を迎えます

こんばん馬!シネマウマです☆

1-1-DSC_0005.JPG

芸術の秋本番!

いよいよ今週末に迫ってまいりました映画祭。
ボランティアスタッフの準備もラストスパート!当日は目の下にクマのない状態で…
いえいえ、笑顔全開でお客さまをお迎えしまウマ!

9月29日、新百合ヶ丘で映画祭としんゆり・オリーブまつりのプレイベントが行われていたころ、
シネマウマ別働隊が町田に出張ー!

1-DSC_0804.JPG

同じ小田急沿線、急行のお隣同士ということで、映画祭をPRしてきました。町田の皆さん、
ぶらり途中下車、新百合ヶ丘で映画はいかがでしょうか? お待ちしてまウマ♪

本番前最後の全体会。会場の川崎市アートセンターでは、劇場の担当の方から、施設の
説明や注意事項を改めて伺いました。これからお客さまをお迎えするのだという気分が
高まり、身が引き締まります。

1-DSC_0836.JPG


1-DSC_0856.JPG

1-DSC_0852.JPG

川崎市アートセンター3階のコラボレーションスペースでは、8月の「なつやすみ野外上映会」
でちびっこデザイナーたちに描いてもらった「わたしだけのシネマウマ」をお披露目!

セーラー服あり、ちょっとアヴァンギャルドもあり!ありがとう、感涙ウマ〜

1-DSC_0837.JPG

1-DSC_0842.JPG

映画鑑賞後はぜひこちらもご覧ください♪

おなじみの活弁付上映あり、歌って踊ってのマサラ上映あり、映画祭初の3D上映あり。
「映画は人生を変える?」のテーマのもと、厳選23作品が、皆さまの人生に少しでも彩りを
添えられたら、との思いで皆さまをお待ちしています。

柄本明さん、平泉成さんほか、追加ゲストも続々決定!詳細は公式HPをご覧くださいね!
映画祭ツイッターは→こちら
映画祭Facebookは→こちら

ここでキメの一句…(何度目かですが)

1-1-DSC_0010.JPG

会場でお待ちしてまウマー♪

posted by シネマウマ at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年10月01日

9月29日(日)プレイベント!昭和音大生のミニライブや福引きで盛り上がったウマ!

日曜日、よく晴れて少し汗ばむ陽気でしたが絶好の行楽日和。
イオン新百合ケ丘店2F正面入口にて、
昭和音楽大学の学生さんたちが企画した、KAWASAKIしんゆり映画祭としんゆり・オリーブまつりのプレイベントが行われました。
各イベントのご紹介と音大生によるサクソフォンカルテットのミニライブ、そしてお楽しみの福引き大会と
プレイベントながら内容盛りだくさん。お買い物のついでに、通りかかったついでに足を止めて楽しんでくれたお客さまが
たくさんいらっしゃいました。
DSC_0795_388DSC_0795.JPG

DSC_0801_397DSC_0801.JPG

昭和音大のサクソフォンカルテットのミニライブでは「ムーンライト・セレナーデ」や「燃えよドラゴンのテーマ」などなど映画音楽や映画に登場する音楽が演奏されました。

DSC_0803_395DSC_0803.JPG

映画祭広報担当スタッフが今年の映画祭の見どころを紹介。目玉作品の予告編も流れました。

DSC_0790_386DSC_0790.JPG

白いシャツでいつもよりシックに決めた音大バージョンシネマウマが配るチラシ、もらうと…。

DSC_0808_376DSC_0808.JPG

ライブの後の福引きに参加できました。はずれくじなし、1等から3等までで、映画祭招待券やシネマウマグッズがもらえちゃう!
こちらもたくさんのお客さまにご参加いただきました。

昭和音大のみなさん、今回のイベントの企画から、進行、演奏、映画祭のチラシ配りまで、本当にありがとうございました!
1等の招待券が当たった方々、映画祭でお待ちしてます!

posted by シネマウマ at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月25日

ジュニア映画制作ワークショップ スタッフが近況レポート!

こんにちは!映画祭ボランティアスタッフの松本舞亜です。
今日はあちこち引っ張りだこのシネマウマに代わってブログ書いちゃいます♪

映画祭本番まであと少し!スタッフは準備や宣伝に走り回っています。
私が担当しているジュニア映画制作ワークショップも、この日は中学生が集まって、映画祭最終日に行われる上映会の準備をしました。

今年のワークショップの中学生は、映画を作るだけてはなく、お客さまに見せることにも挑戦しているのです!!
映画はお客さまに見ていただくことで完成するもの。たくさんのお客さまが上映会に来てくれるよう、中学生が自らチラシをデザインしました!

……で、一方こちら。映画祭事務局ではなにやら、中学生がデザインしたチラシをポスターサイズに拡大コピーして、一生懸命切り貼りしている男性がいらっしゃいます。

写真@.JPG

ゆるふわトーク(ジュニアのHPで公開中のミニトーク番組!http://www.siff.jp/jw2013/)でおなじみ、ジュニアワークショップ指導講師の熊澤さんじゃないですか!!
講師自らポスターを作っていらっしゃいます!!!

写真A.JPG

熊澤さん「あれ?なんかサイズまちがえた?」
松本「ちょっと勘弁してくださいよ、カラーコピー高いんですから!」

……そんな会話を挟みつつ(笑)
熊澤さんのおかげで、中学生がデザインをもとに、ポスターが完成しました!
なんとこのポスターは、他の上映作品にまざってイオンシネマのポスター展に登場しています!!

写真B.jpg

しんゆり映画祭ならではのトガッたラインナップの中で、クレヨンの色合いのなんて癒されることか…。

イオンシネマの支配人の方のご好意でチラシもおいていただきました。チラシは他にもアートセンターや日本映画大学に設置してあります。数が少ないのですが、ぜひお手にとってください!
そして、ジュニアワークショップの上映会に遊びに来てください!

ー*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−
ジュニア映画制作ワークショップ2013
作品上映会「My Good Friends」10/13(日)10:20〜 川崎市アートセンター アルテリオ小劇場にて!
*入場無料

詳細はコチラ!!→http://www.siff.jp/jw2013/
ー*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−
posted by シネマウマ at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月23日

ポスター展開催中!

この3連休はお天気に恵まれお出かけ日和、新百合ケ丘駅前のポスター看板はもうご覧になりましたか?

さて、昨日22日(日)よりイオンシネマ新百合ケ丘のエレベーター前にて
KAWASAKIしんゆり映画祭ポスター展開催しております。

昨日の日誌でお伝えした駅前看板取り付け作業の後、
イオンシネマではレイトショーの時間、今度は会場となるエレベーター前のスペースにて
映画祭スタッフがポスターの飾り付けに勤しんでおりました。

1234497_507589202658132_1668721335_n.jpg


1238141_507601452656907_539380998_n.jpg

今年の上映作品のポスターが勢揃い。ぜひともお立寄りください。
posted by シネマウマ at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月22日

9月21日(土)新百合ケ丘駅前にポスター看板設置しました。

9月に入り、あたりはだんだんと秋らしい空気になってきたウマ。
ただいま映画祭スタッフたちは、10月5日(土)からはじまる映画祭に向けて
盛んにPR活動を行っているウマ!
今日はその一環の作業、駅前を彩る作品ポスター看板の取り付け作業をレポートするウマ!
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
アートセンタのコラボレーションスペースをお借りして、看板にポスターを貼付けています。
なるべくしわの出ないように丁寧に…。
DSC_0752_348.JPG

夜、上映作品ポスターを貼付けた看板を運ぶ集団が!
DSC_0763_357.JPG

駅南口前に到着。ちょうどOPAとエルミロードの前あたり。さっそく植え込みに看板を取り付けます。
DSC_0770_365.JPG

看板は重く、しっかりと固定も必要。男女総勢15人のスタッフたちが力を合わせてなんとか無事に設置終了。
DSC_0783_338.JPG
作業中も、道行く人がときおり看板の前で足を止め、ポスターを眺めていたりしました。

本日22日(日)も晴れ。
美しい秋晴れの空に映えるポスターたちを見に、ぜひ駅前に足を運んでみてください。
posted by シネマウマ at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記