2013年10月11日

映画祭2日目レポート

 初日に降り続けた雨も止み、少し蒸し暑い日。

この日最初の上映は『陸軍登戸研究所』

DSC_0848_504DSC_0848.JPG

これまであまり取り上げられてこなかった戦時中の事実に迫るドキュメンタリーということで、注目度も高く、前売券も完売、当日券も発売と同時に完売しました。

ご覧のとおりの満席御礼!

DSC_0895_468DSC_0895.JPG

なお、12日(土)のアートセンター小劇場での上映も前売券はすでに完売しております。

当日券は若干数となりますので、あらかじめご了承ください。

この日2本目の作品もドキュメンタリー。しんゆりでは3作目の上映となる池谷薫監督の作品『先祖になる』。岩手県陸前高田市に暮らす頑固だけど茶目っ気もたっぷりな木こりのおじいさん、佐藤直志さんの生きざまを追い、土地に根ざして生きる人間の心と力を伝える作品です。

上映終了後のトークのセッティングは、舞台中央にマイクが一本。

始まる前の司会者の紹介で「池谷監督は一人でお話しする方が面白いので、30分間マイクを預けることにします」とあり、今回のトークは聞き手を設けず、監督のひとり語りとなりました。

DSC_0016.JPG

「松山千春です!」

登場するやいなやかぶっていた帽子をとって坊主頭を見せてジョークを飛ばす監督。なるほど、自らしっかり観客を引き寄せてはじまったトークは映画と同じくらい面白い。

主に制作のきっかけや、撮影時のエピソードを通して、佐藤直志さんの人間としての魅力と、土地の暮らしと自然を守り続ける人々の信仰心についてなど、作品の心をより深く知ることができるお話を聞かせてくれました。

東日本大震災直後、まずはボランティアとして何かできることはないかと被災地を訪れた監督は、ご友人の勧めもあり、やはり撮ることになりました。そして陸前高田に向かいます。そこでは被災直後でありながらも、住民たちを元気づけるためのお花見が開かれていました。そのお花見の呼びかけ人が佐藤さんだったのだそうです。佐藤さんが言った「今年も桜は同じように咲く」という言葉に、しっかりとその土地に根ざして生きる生活者の言葉としての美しさを感じ、撮影した映像で、お花見の挨拶をする佐藤さんのたたずまいを見直しながら、撮り続けることを決意したのだそうです。

被災地を撮るというよりは「佐藤直志さんに惚れ込んで」約1年半をかけて撮られたこの作品。

いつ何時も明るく前向きに頑固に生きる一人の人間の生きざまから、土地に根ざして生きるということの尊さ、人として生きていく上で大切なことが見えてくる作品でした。

DSC_0027.JPG

3本目の作品は韓国のアクション大作『ベルリンファイル』。イオンシネマの大画面と音響にふさわしい、アクションシーンの連続に大興奮!

この作品は13日(日)10:00に川崎市アートセンター アルテリオ映像館でも上映します。
見逃した方はぜひこちらへ。

4本目は『カリフォルニア・ドールズ ニュープリント版』。今月で上映権が切れてしまう作品が、映画祭のプログラムとして、しかもシネコン大画面で観られるという貴重な一日となりました。

DSC_0970_402DSC_0970.JPG

女子プロレスのお話なので、試合のシーンがたくさん出てくるのですが、リングの上、試合会場の観客席の熱気がスクリーンを通して映画館中に伝わってきます。最後のチャンピオン決戦のシーンでは、客席からスクリーンに向かって拳をつきあげ声援を送りたくなってしまうくらいです。

「ドールズ最高!」

上映が終わると客席から大きな拍手がおきました。

この作品は11日(金)の夜19:20に川崎市アートセンター アルテリオ映像館にて上映します。しんゆりでは最後の上映。ドールズの勇姿を見届けてください!

 さて、映画館の外では、今日も映画祭スタッフとシネマウマが駅前チラシ配りに勤しんでおりました。

DSC_0922_442DSC_0922.JPG

DSC_0938_426DSC_0938.JPG

前日までの雨もすっかりあがったので少し新百合ヶ丘駅周辺を歩いてみましょう。

曇り空の中に少しだけ顔を見せた青空とポスター看板です。

DSC_0907_456DSC_0907.JPG

線路沿いに見える映画祭の横断幕。

DSC_0950_419DSC_0950.JPG

ロマンスカーといっしょにパシャッ!

撮影場所は、映画祭事務局が入っている駅前のビルの一角。絶景ポイントです(あくまで映画祭にとっての)。映画祭の記録スタッフは、ここで走り出す小田急線と映画祭横断幕のツーショットをカメラに収めることが、いつの間にか毎年の恒例となっていました。

映画好きの鉄道ファンのみなさんもぜひ横断幕といっしょに撮ってみてください(笑)。ステキに撮れたらシネマウマにも見せてくださいね。

横断幕は会期中見ることができます。

今年は数年ぶりにイオンシネマ2日間連続上映いたしましたが、満席のプログラムも多く、大きな会場にふさわしい充実したものになりました。お越しいただいたみなさま、ありがとうございました!

現在、川崎市アートセンターにて映画祭は続いています。平日のプログラムもたくさんのお客さまで賑わっております。
3日目以降のレポートも更新し続けていきますので映画祭といっしょにこの日誌もチェックしてくださいね!

13日(日)の最終日までシネマウマも元気にみなさまをお迎えするウマ♪

 

posted by シネマウマ at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭レポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/77875113
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック