2014年06月23日

シネマウマ、16年前の映画祭ゲスト・蔡明亮監督に会いに行く

こんにちは!シネマウマです

台湾の巨匠・蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督と、21年前の監督のデビュー作
『青春神話』から主演し続けている俳優・李康生(リー・カンション)さんが、
8月下旬公開の新作映画『郊遊』(邦題『ピクニック』)のプロモーションで来日。
監督と主演俳優みずから前売券を販売するというイベントに、ミニシネマウマ隊が
行ってきたウマ!

お二人には1998年「第4回しんゆり映画祭」で『青春神話』(1992)と当時の最新作
『河』(1997)を上映
した際、トークゲストとしてご来場いただきました。

場所は渋谷イメージ・フォーラムの前。映画の中で、李さん演じる主人公がやって
いるような「レインコートで人間立て看板」の姿で、道行く方々に『郊遊』をPR!
アットホームな雰囲気の中、ファンのサインに応じたり、質問に答えたりと、
ニコニコ気さくなお二人を囲む交流の輪が広がっていたウマ。

1-DSC_0525.JPG

10450005_669559499766272_7975271694935350720_o.jpg
左:李康生さん、右:蔡明亮監督

お二人を映画祭に迎えた16年前は、シネマウマが生まれた年でもありました。
新百合ヶ丘の駅前に、当時の美術班の不眠苦闘の産物「巨大シマウマ」
(2mと3mの2体)が登場し、映画祭のマスコットキャラクターとして華々しく
街にデビューを飾ったのです!

当時、台湾ニューウェーブの旗手だった監督は、今やヴェネチア、カンヌ、ベルリン等、
数々の国際映画賞を受賞する台湾の巨匠に。李さんもこの新作で、台湾版アカデミー賞
「金馬奨」の最優秀主演男優賞を受賞。

この間、きっと数え切れないほど多くの世界中の映画祭に招かれてきたことでしょう。
16年も前のしんゆり映画祭のことを覚えているだろうか……

1-第4回1.jpg
1998.10.11撮影。右は『河』に出演の女優・陳湘h(チェン・シアンチー)さん

「ああ、覚えていますよ!この写真!」と顔を輝かせる監督。第5回映画祭パンフレット
に載った、この「巨大シマウマ前の記念撮影」を見たときでした!
李さんも写真をのぞき込んで思い出している様子。

「今年、映画祭は20周年なんです」とお伝えしたら、監督から「それはすばらしい!」
とのお褒めのお言葉をいただきました。

1-第4回3.jpg

シネマウマ、マスコットキャラクター冥利に尽きる……
活動続けてきた甲斐がありましたウマ〜(感涙)

1-DSC_0519.JPG

監督は本作で劇場長編映画からの引退を宣言しているそうですが、
そんなこと仰らず(涙)…また何かの形で来ていただきたいですね。
シネマウマもがんばって、キャラクターを務め続けるウマ〜!

第4回時のゲストトークは「ゲストトーク集」から読めます→こちら

1-Scan3.jpg

第4回映画祭にて『青春神話』『河』上映の際、会場に設置された映画祭美術班手作りの映画看板

『郊遊(ピクニック)』公式サイト→こちら
『郊遊(ピクニック)』Facebook→こちら

1-第4回2.jpg

20年の間に多くの出会いがあったことを、改めて実感したウマ。
8月下旬公開、監督の新作を楽しみに待つウマ!

posted by シネマウマ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月04日

6.1「喜多見と狛江の小さな映画祭+α」に行ってきたウマ

6月1日、土曜日…

1-DSC_0769.JPG

シネマウマ隊が小田急線喜多見駅に降り立ったウマ!

1-DSC_0767.JPG
新百合ヶ丘から16分。近い!

1-DSC_0777.JPG
暑いけどがんばるウマ!

さあ、今日はどこへ行くの…?

1-DSC_0782.JPG

閑静な住宅街を歩いて5分、やってきたのは「喜多見と狛江の小さな映画祭+α」

主にドキュメンタリー映画中心の映画祭で、今年で2回目。
トークショーや特別企画を交えた「+α」が特徴だそうです。

同じ小田急沿線つながりで、KAWASAKIしんゆり映画祭も後援させて
いただいています!

1-DSC_0791.JPG
着いた♪

1-DSC_0796.JPG

シネマウマ隊が観たのは『ゆきゆきて、神軍』(原一男監督、1987)。

ニューギニア戦の生き残り兵・奥崎謙三氏が、終戦直後に起きた戦友銃殺事件の
真相を追うドキュメンタリー。いつ観ても強烈、衝撃だウマ、、、

同作で助監督を務めた映画プロデューサー・安岡卓治さんは、KAWASAKI
しんゆり-映画祭の運営に初期から関わってきた方。
久々に会いに来たんだウマ〜♪

終映後、熱気そのままに安岡さんのゲストトーク。こっそり準備して、トーク中に
後ろから手を振るサプライズを考えてたけど、バレバレだったウマ(笑)

しかし、実行委員長の高山正樹さんに招かれ、しんゆり映画祭の宣伝タイムを
いただいてしまったウマ☆

1-DSC_0803.JPG

1-DSC_0800.JPG

高山さん、聞いて下さったお客さま、ありがとうございました☆

1-DSC_0797.JPG
左からシネマウマ、安岡さん、シネマウマ、高山さん

次の『非行少年』(1964)のトークゲスト・佐藤忠男さん(映画評論家・
日本映画大学学長)もしんゆり映画祭でおなじみ。

打ち上げでは佐藤さん、安岡さんを囲んでお客さんとのトークに花が咲いたウマ。

1-DSC_0837.JPG
しんゆり映画祭ボランティアスタッフOB・Fさん(左)も久々の再会だウマ〜

1-DSC_0842.JPG
シネマウマ、急に俊敏な動きに…!(笑)

映画祭の醍醐味は、やっぱりこうした交流の場ですね♪ 
しかも同じ沿線同士、地元の歴史話も飛び出したり...

「日本で2番目に小さい市」しかし大きく熱い交流の輪で、狛江の夜は
更けていったのでした。

映画祭は9日まで開催中。骨太なドキュメンタリーやイベントがたくさん、
みんなで観に行こウマー♪

【喜多見と狛江の小さな映画祭+α 公式HP】
http://kitamitokomae-artfes.com/

1-DSC_0820-001.JPG
注文が難しいウマ

1-DSC_0823-001.JPG
反省会でまた乾杯♪

シネマウマ動画も併せてご覧下さい!



地域のつながりを大事に、これからもあちこち出没していきたいウマ!


【KAWASAKIしんゆり映画祭 公式HP】
http://www.siff.jp/

【KAWASAKIしんゆり映画祭 Facebook】
https://www.facebook.com/kawasakiShin...

【KAWASAKIしんゆり映画祭 Twitter】
https://twitter.com/k_siff

【KAWASAKI しんゆり映画祭活動日誌(ブログ)】
http://siff.sblo.jp/
posted by シネマウマ at 22:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月03日

5.24 シネマウマのAir Greenな一日

早くも初夏の陽気になってきたウマ!ときに汗ばむくらいの日もあるけど、やっぱりよく晴れた日は外に飛び出したくなるウマ!
ということでシネマウマが外に出てあちこち訪ねる企画です。
今回は地元新百合ヶ丘で行われた“Air Green”というイベントに遊びに行きました。
DSC_4608_1038-.jpg

5月24日の土曜日、会場は新百合ヶ丘駅から徒歩5分ほど、昭和音楽大学の隣にある、芝生の公園“新ゆりアートパークス”というところ。このイベントは地域のみんなが緑の芝生の上で自由にのんびり楽しく過ごせるようにと昨年から始まりました。ピクニックはもちろん、ヨガやベビーマッサージ、手作り雑貨のワークショップといった、お楽しみ企画も充実。

朝早く起きてシネマウマたちは公園へ。イベントが始まる少し前から、芝生の草取りに参加しました。
ここの芝生は毎週土曜日、地域のボランティアの方々がこまめに雑草を取り、しっかりお手入れしているのです。だから裸足で遊べるくらいにきれいなんだウマ。
イベント当日のこの日も作業が行われるとのことで、シネマウマもお手伝いさせてもらいました。

芝生ボランティアのメンバーの方に草を取るコツを教わりながら、草取りをするシネマウマ。
DSC_4492_922-.jpg
ドライバを土に深めにさして、てこの原理で持ち上げながら雑草を根から掘り起こします。
DSC_4481_911-.jpg
DSC_4488_918-.jpg

一見なにもないきれいな芝生ですが、よく見ると小さな雑草が生えていて、これらを早いうちに取り除いていくことが、きれいな芝生を守るための秘訣なんだそうだウマ。

新百合ケ丘駅南町内会の根占さんが芝生のこと、公園のこといろいろ教えてくれたウマ!
DSC_4517_947-.jpg

本当は毎日やっても良いくらいの、まめなお手入れが美しい芝生を守る秘訣だウマ。
ということで…
草取りのボランティアは随時募集しています。活動は毎週土曜日。気になった方は写真の連絡先にお問い合わせしてみてウマ。
(↓写真をクリックすると大きく見られるウマ!)
DSC_4600_1030-.jpg
根占さん、ボランティアのみなさん、ありがとうござウマした!

草むしりの後は、芝生の上でひと休み。大の字で気持ちよく寝転ぶシネマウマ!
DSC_4536_966-.jpg
その後も、バランスボールで遊んだり、
DSC_4543_973-.jpg
DSC_4583_1013-.jpg

訪れた親子連れの方と写真撮影したり…。
DSC_4530_960-.jpg

しばらくすると誰かがたくさんの木のブロックを並べ始める光景が目に入りました。
「これから、”Kubb(クッブ)”というスウェーデンのスポーツを始めますので参加してみませんか」
そんな呼びかけに、好奇心旺盛なシネマウマは反応。しゃきっと起き上がって、みなさんと一緒に参加することになりました。
DSC_4612_1042-.jpg
ゲームのルール、遊び方をご指導いただき、さっそくスタート。
DSC_4609_1039-.jpg
”Kubb”で使う道具は全て木製。このときに使用していたものは間伐材を利用して作られたものだそうです。
DSC_4626_1056-.jpg
プレーヤーは木の棒を投げて的に当てるだけなので、大人も子どもも誰でも楽しめるウマ!
2チームで対戦し、先に相手チームの陣地にある的を全て倒した方が、真ん中のキングとよばれる、大きい的を倒す権利を得て、それを倒したチームが勝ち、大まかに説明するとこのような内容のゲームですが、詳しい説明はこちらのサイトをご参考に…
http://www.town.sumita.iwate.jp/sangyo/kubb/rule.html
やり出すとなかなか奥深い。相手の陣の的を倒し切るまでにいろいろな攻防があって…このゲーム、かなり燃えるウマ!
DSC_4628_1058-.jpg
ゲームを続けるうちに投げるのにも慣れてきて、的にも当たってくるようになったウマ。
DSC_4630_1060-.jpg
ゲームも大詰め。勝利へのラストの一投を任されることになったシネマウマ。えいっ!
DSC_4632_1062-.jpg
勝ったウマ!わーい!
DSC_4634_1064-.jpg
負けたウマ…。でもみんな健闘したウマ!

青空の元、緑の芝生の上で地域のみなさんとのびのびのんびり過ごしたシネマウマ。
DSC_4534_964-.jpg
しんゆりにはこんなにすてきな場所があって、楽しい仲間がいるウマ!
これからの映画祭の活動に向けて大きなはずみになったウマ!

今回訪ねた“Air Green” の公式サイトはこちら
芝生の公園新ゆりアートパークスはこのようなイベントの時のみ開放されるので、公園に行ってみたい人は要チェックだウマ!
イベント当日の様子をもっと詳しく知りたい人はイベントの主催者の方が綴ったこちらのブログもぜひ読んでみてウマ!
http://hifu-mi.com/blog/1164/
http://hifu-mi.com/blog/1172/
次回の開催は6月22日の日曜日だそうです!ぜひ行ってみてウマ。

しんゆり映画祭では夏の訪れとともに活動がどんどん活発になります。6月からスタートする“ジュニア映画制作ワークショップ”を皮切りに、8月の“なつやすみ野外上映会”、秋の本祭と、続いていきます。映画祭スタッフもシネマウマも地域のみなさんとともに街を盛り上げていけるよう今年もがんばっていきウマっす!
最新情報やシネマウマの活動をこれからもチェックしてウマ!
http://www.siff.jp/


posted by シネマウマ at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記